パリでの生活(食べ物編)

ドミトリーで自炊生活

 

前回の記事でも書きましたが、
このパリでの生活はホテルではなく、ドミトリーで共同生活です。

今回は3人展なので、一緒に展示会をしている3人と、
オーガナイザーの宇宙人しょうこさんとの4人生活。
これがめっちゃ楽しいwww

近くのスーパーで材料を買って、それぞれ自炊をします。

今回はそんなお話を。

 

パリのスーパー

印象的だったのはとにかく安い!ということ。

トマトやピーマンなど野菜類は新鮮だし、
お惣菜もしっかりあるし、
何よりもジュース類が大きかった!

500mlサイズでいいんだけどなあ~と思ってもどれも大きい

スーパーにもフランスパンはちゃんと並んでいて、
いい匂いを放っていましたよ~。

どれもおいしそうで、選ぶのにかなり迷いました。

というか、そもそもパン屋さんがとても多かった!
歩けばすぐにパン屋さんが見つかり、フランスパンやクロワッサンのいい匂いが漂っていました。
みなさん、お気に入りのパン屋さんがあって、その日のパンを毎日買いに行くようです。

パリのスーパーはお買い得がいっぱいだったのですが、
中でもワイン、チーズ、生ハムがお買い得だったように思います。
(あっ飲みたいだけかも??)
ワインは200円くらいから並んでいて、水よりも安かった!
呑兵衛の私にはサイコーでした(σ゚∀゚)σ

パリのスーパーで気をつけなければいけないのは、必ずエコバッグを持っていくこと。
レジで精算しても袋を出してはくれません。
紙袋っぽいものがレジ周りに並んでいたので、
持っていない人はきっとそれを買えばいいのでしょうが、
エコバッグ持参はマストのようでした。

先にパリに入っていた人のfacebookで情報を仕入れていたので、
エコバッグ持参することができていてホッとしましたよ(´ー`)

 

↓ちなみにこちらはかわいい八百屋さん♪こういうお店もいっぱいでした。

 

Stevenotの丸鶏り

ある日の夜。

一緒に生活していたオーガナイザーのしょうこさんが、
パリに来たら絶対食べた方がいい「スティーブノットの丸鶏りが超おススメ」だ!!
と言うので、みんなで買いに行くことにしました。

もう見るからに美味しそう!

 

宇宙人しょうこさん「鶏がかわいい❤️」と(゚´ω`゚)

ワクワクと丸鶏りの半身を購入し、地下鉄でアパートメントへ帰りました。
4人みんなで鶏りと格闘❤️

ワインと鶏とマッシュポテトが最高に美味しくて、
最高の晩御飯となりました。

 

カフェに行きたい

せっかくのパリだからカフェに行きたい。
そんな気持ちはあったのですが、メニューがフランス語でわからない…。
だから選んだお店がパン屋さん(o゚∀゚o)

焼けたパンを指さして「this one prese」といえば通じるのですwww
そんなわけでやっと食べられたランチがこちら↓

チーズのキッシュとエスプレッソ。
本当は普通のコーヒーが飲みたかったのですが、コーヒーと言うとエスプレッソになるみたいです。まだまだだな(ノω;`)

 

マレ地区に多い「ファラフェル」

ギャラリーのあるオシャレ地域・マレ地区を歩いていると
とにかく良く目に留まるのが「ファラフェル」屋さん。
(ラファエルといいたくなるwww)

ファラフェルもしくはファラーフェル(アラビア語: فلافل (ArFalafel.ogg falaafil[ヘルプ/ファイル])、英語: Falafel)は、潰したひよこ豆やそら豆に香辛料を混ぜ合わせ丸めて食用油で揚げた中東の料理。西洋料理のクロケットやそれを模して作られた日本料理のコロッケなどに似た調理法を持つ。

袋状のパンケーキのようなものに、お肉や野菜がたっぷりつまったもので、
食べながら歩く人が多くて、気になって買いにいってみました。

というか、、、、
一度チャレンジしたのですがどうにも変えなくて断念してしまって、
再チャレンジしたのです。
メニューはフランス語ですが、写真が載っていたので指さしつつ購入することができました。

美味しかったのですが、すごく量が多くて、
ランチとして買ったのですが、夜ご飯まで引っ張りましたwww

外国のご飯ってとにかく量が多いですよねえ。

 

POULというパン屋さん

街を歩いているとPOULというパン屋さんをよく見かけました。
日本でいう(福岡でいうかな?)「ヴィ・ド・フランス」「アペティート」というパン屋さんみたいなものかな。

パン屋さんなら指さしで買える!っということで、
ランチは何度かここのパンになりましたよ。
店員さんは優しかったり、そうでなかったり。

日本と同じサービスだとおもったらいけませんね。
まあ、こんなもんだと思いながら買いました、でも美味しいからwww

 

パリでタパス料理

いろんなつながりから、ギャラリーにきてくださったフランス在住の日本人「きょうこさん」。
私たちがフランス語もわからず販売していることに不憫に思ったのか・゚・(ノД`)・゚・
2日間も通訳にとギャラリーに来てくださいました。

おやつも持ってきてくださって、、、
優しい(´;ω;`)、ほんとにありがとうございます。

その、きょうこさんが「せっかくパリに来たんだから美味しいもの食べなさい」と
きょうこさん行きつけの美味しいタパス料理屋さんに連れて行ってくださいました。

ギャラリーを閉めたあとの19:00以降に地下鉄と電車を乗り継いで、
パリの郊外にあるディズニーランド?の近くの?この地域で最も大きなショッピングモールへ行きました。

↓夜の電車。ちょっとドキドキ…

↓乗り継いで、約40~50分ほど行くと、こんなに素敵なショッピングモールに着きました。

↓すごく大きくて約1キロ(だったかな?)くらいあるそうです。

↓歩いて歩いて外に出るとこんなに素敵な建物が!

↓そしてここにあった美味しいタパス屋さんへ。眼鏡の方はオーナーさん。

シャンパンをサービスしていただきました。

やばいです!
めっちゃ美味しいし、
めっちゃ賑わっている!

全部ワインに合う~~

でも、あんまり時間がなくてタバタと食べる私たち。

バタバタと食べて会話して、
電車の時間に間に合わないからと走って(ワイン飲んでるから走りづらいwww)、
さらに、きょうこさんに車で駅まで送ってもらって、
ぎりぎり電車に間に合い無事に帰ることができました。

家に帰り着いたのは24時を回っていましたが、とっても楽しい時間でした。

きょうこさんにはフランス事情などいろんな話をしていただいて、
めちゃくちゃ勉強になりました(゚∀゚)本当に感謝しています。

 

街はカフェだらけ

ちょっと水を買いたい。ちょっとトイレに行きたい。
そんなとき日本ならコンビニがそこらじゅうにあるので、何も問題ないのですが、
パリにはコンビニらしきものがありません。

↓そのかわりこんな感じのカフェがいたるところにありました。

朝はコーヒーを、お昼と夜はお酒を飲んでいる人たちをよく見かけました。

↑ここは私たちが住んでいたドミトリーのある地下鉄駅のすぐ前にありました。

夜も賑わっていたので気になってはいたのですが、結局入れず…。
次回(次回?!)チャレンジしたいと思います。

 

食べ物だけでも、いろんなことがあったなあと、思い出もいっぱいです。
濃い~~食生活を送ることができましたq(q’∀`*)

—————–
❤️あみぐるみのantoco*
https://antoco.net/

—————–
❤️あみぐるみカフェ
https://amigurumi-cafe.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です